TECHNOLOGY技術情報

水路補修 PW工法

水路補修工法

PW工法は、水路内面にコンクリート保護材(PWマグネライン)を吹付け、断面修復保護材(PWモルベスト)をコテ塗りすることにより、既設コンクリートと保護材が一体となり、劣化した水路構造物を修復するとともに長年にわたり保護します。

施工例 岐阜県下呂市内

  • 施行前

    施行前

  • 施行後

    施行後

PW工法の特長

  • 既設構造物を補修するため廃材の発生を最小限に抑制できます。
  • 新設より工期が短くなります。はく落の恐れがありません。
  • 大型の機械を必要としないので、狭い場所でも施工が可能です(山腹水路、人家脇でも施工が容易)。
  • 湿潤状態(湧水は除く)でも施工が可能です。
  • 付着力が大きく、基面からのすり付けが可能です(厚みが薄くても耐衝撃性がよく、はく離しにくい)。
  • 耐磨耗性に優れています(磨耗減量モルタルの1/5)
  • 粗度係数はコンクリートと同等です。

ページの先頭へ戻る