?

DKボンド工法の施工手順


1.準備工


  • 親網を設置します。
  • 現場調査(起工測量)をおこない、数量の照査を行います。


2.仮設工


  • 材料運搬の為の仮設を行います。(作業箇所が近い場合は必要ないこともあります。)
  • 材料運搬には、モノレール、索道、簡易索道等があります。
  • 作業構台(荷受け台・作業基地)の築造、必要に応じ作業足場、足掛けなどを設置します。
  • 作業構台は、荷受け台・作業基地として必要です。
  • 作業足場は、オーバーハング箇所等必要に応じ設置します。
  • 足掛け足場は、ロープ足場の補助として設置する場合があります。


3.清掃並びに水洗い工


清掃並びに水洗い工 清掃並びに水洗い工2


 亀裂面を高圧洗浄機などで清掃します。(この作業は危険度の高い作業ですので熟練した作業員によって慎重に行います。)
 亀裂に沿って、土砂・木の根・苔などをワイヤーブラシ等で取り除きます。


4.目地工


目地工 目地工2


 当工法の特色は目地モルタルの施工にあります。手作業で丁寧に目地モルタルを擦り付けるように施工することで岩塊は完全に一体化します。 幅の広い亀裂には現地石片や購入石材を挟み込んで使用します。
 オーバーハング箇所では根固め・石積工の施工を行います。現地石片や購入石材を用い目地モルタルと交互に積み上げます。 石積み工の奥行きは20cmを標準とし、内部には注入モルタルを流し込みます。



5.注入工


目地工


 目地施工時に設けておく注入孔より注入用モルタルを自然流下で流し込みます。
 注入機械は道路脇や作業構台上に設置します。注入量の管理は流量計により行います。



片付け


 出来高検測、注入機械撤去、仮設解体を行います。




落石予防工
岩接着DKボンド工法

耐震補強
PP工法

水路補修
PW工法