?

DKボンド工法とは?


 DKボンド工法とは、不安定な岩塊を接着剤(DKボンドモルタル)を用い、安定した基岩に接着して一体化し、力学的重心を後背移動させることによって崩落の防止を図る工法です。


DKボンド工法-シンボルマーク


 DKボンド工法
国土交通省NETIS
 SK-980021-VE


岩接着DKボンド工法のシンボルマークです。


こんなところに使えます


景観保全地域


  • 景勝地や国立公園内など、美観を重視した現場に施工できます。
  • 自然石群をそのまま接着できます。
  • 施工後は目立ちませんが、より自然に近づけるために着色等の修景もできます。

「施工例」  丸で囲んである箇所がDKボンド工法で施工されています。


小坂”巌立公園”(がんだてこうえん)

巌立公園

養老郡養老町”養老の滝”(ようろうのたき)写真1

養老の滝1

養老郡養老町”養老の滝”(ようろうのたき)写真2

養老の滝2


急崖傾斜や高地でも


  • 機械力の使えないような現場でも施工できます。
  • 人力主体の作業です。
  • 大規模な仮設を必要としません。
  • 機械設備が軽微です。
DKボンド工法-高所での施工DKボンド工法-高所での施工2

全体図 「根尾-施工例」

クリックすると大きな画像が見られます。

根尾


非常に不安定な巨岩にも


  • 道路・線路上の不安定な巨岩も、安全に施工できます。
  • 施工中に余分な外力(振動など)を与えません。
  • 仮接着による安全対策ができます。
  • 対象岩塊の大きさや形状に左右されません。

「施工例」

 岐阜県中津川市 夜明けの森公園(よあけのもりこうえん)
 不安定だった巨岩も、岩接着DKボンド工法により一体化され、遊歩道も安全に通行できるようになりました。

夜明けの森

施工箇所

夜明けの森

こんなときに使えます


時間が無いとき


  • 緊急対策や応急処置にも迅速に対応できます。
  • 余分な用地買収の必要がありません。
  • 仮施工が簡易です。
  • 機械設備が軽微です。
  • 調査、設計、積算、工事まで専門技術者が迅速に対応します。


すぐに効果を期待するとき


  • 直ぐに工事に着手できるため、災害復旧等の予備工として施工できます。
  • 目地工により初期の安定化が図れます。
  • 材令7日で所定の接着強度が期待できます。


他の工法との併用を考えるとき


  • 計画(実施)対策工では対処しきれないときにも併用可能です。
  • 落石防護網や落石防護柵などと併用できます。


資料のご請求


 お問い合わせをご覧になり、電話、FAX、フォームよりご請求ください。


落石予防工
岩接着DKボンド工法

耐震補強
PP工法

水路補修
PW工法